私が花粉症になったのは高校生の時。

妊婦の美白にはトラネキサム酸

美白成分の一つにトラネキサム酸というのがあり、皮膚科でも処方しています。

 

炎症を鎮めたり、止血をするときに処方されますが、皮膚科の場合には、できてしまったシミへの薬として処方されます。

 

トラネキサム酸はシミだけに反応する性質があり、メラニンの生成を抑える働きをします。

 

なので、できしまったシミ以外にも、これからできてくるシミに対しても効果があるのです。

 

妊娠中,シミ,ホルモン,そばかす,皮膚科

その他様々な美白成分がありますが、妊婦の場合には副作用の影響を考慮し仕様を控えるべきものが多いようです。

 

でも、妊娠をしてホルモンバランスが崩れるため、妊婦はシミができやすいもの。

 

妊娠中にできたシミは、出産後に消えるとはいいますが、ほとんどの場合は頑固に残ってしまうようです。

 

なので、妊婦にはシミ対策をする必要があるんです。

 

皮膚科に行くと、妊娠中のシミを作らないようにするために、ほとんど副作用がないトラネキサム酸が処方されると思います。

 

妊婦さんは、薬と効くと、胎児への影響を考え不安があるかもしれません。

 

でも、胎児に副作用があるような薬を処方するなんて、当然あり得ません。

 

なので、トラネキサム酸は、胎児は当然、0歳児の新生児や乳幼児にも影響がありません。

 

風邪や炎症を起こしたときに処方するくらいに安全です。

 

妊娠中,シミ,ホルモン,そばかす,皮膚科

皮膚科や産婦人科のお医者様と相談して、使うようにしてください。

 

それでも薬は嫌だという人には、トラネキサム酸配合の美白化粧品もあります。

 

美白化粧品なら、妊婦さんもそんなに抵抗感も無く使えるかも。

 

トラネキサム酸ではなく、ハイドロキノンという強力な美白化粧品もあります。

 

ハイドロキノンの場合は、アンプルールという美白化粧品で、わたしは妊娠中も授乳中も使っていました。