俺が行っている花粉症対策は、外出には必ずマスクをかけること。

妊娠中のシミ対策に抗酸化力のある水

意外なほど、「妊娠するとシミが増えた!」って人は多いものです。

 

私の周りにも数人、そんな人がいます。

 

それをきっかけにちょっと調べてみただけで、たくさんの人が妊娠後のシミで悩んでいることがわかりました。

 

妊娠中,シミ,肝斑,ホルモン,そばかす

妊娠後のシミには、抗酸化力のある水がお奨めなんです。

 

抗酸化力のある水を飲むだけで、妊娠後のシミ対策になるんです。

 

どうせ水は生活するなら飲まなければいけないもので、どうせ飲むなら妊娠中でも安全で美容に良い水の方がいいですしね。

 

抗酸化力という言葉を聞くと、アンチエイジングのイメージがありますよね。

 

アンチエイジング対策として抗酸化力のある水が取り入れるなら、老化の原因となる活性酸素も抑えられます。

 

活性酸素は、体内で過剰発生すると、身体を錆びつかせて、糖尿病、アルツハイマー病、脳梗塞、心筋梗塞、ガンなどの色々な病気を引き起こします。

 

それに放射線の影響を受けると活性酸素が発生しやすくなりDNAを傷つける場合もあります。

 

放射線の心配をするなら、この時期に抗酸化力のある水で対策をしていけばいいのです。

 

抗酸化力のある水とは、アルカリ性の水であれば、なんでもいいんです。

 

妊娠中,シミ,肝斑,ホルモン,そばかす

アルカリイオン水、ミネラルウォーター、水素水、プラチナウォーターなどです。

 

妊娠によるホルモンが影響して発生したシミは、妊娠後には、自然に消えていくことも多いようです。

 

妊娠中に女性ホルモンの影響を受けるとメラニンが活発になり、色素沈着しやすいため、シミが出やすいあるいは濃くなることがあります。

 

でも、やはり顔のシミは出るのも嫌だし、濃くなるのも嫌なので、ただただ見ているのは辛いですよね。

 

なので、少しでもシミに対策を打つために、抗酸化力のある水で活性酸素を増やさないようにしましょう。

 

普段からアルカリ性の水を飲むような生活習慣にしておけば、妊娠時以外のシミ対策としても有効ですね。