花粉の飛散は悲惨です。

産後に急にできるシミを消すポイント

産後の女性の悩みに多いのは、急に増えたシミ。

 

産後,シミ,そばかす,解消法

 

その理由は、妊娠に関わる二つの女性ホルモンのバランスが影響しているからです。

 

二つの女性ホルモンとは、黄体ホルモンのプロゲステロンと卵胞ホルモンのエストロゲンです。

 

プロゲステロンは、妊娠や出産に関係し、エストロゲンは女性らしい丸い体を作るホルモンです。

 

このホルモンのバランスが崩れてくると肝斑というシミになりやすくなるのです。

 

この場合は、普通のシミと違って紫外線によるものではありません。

 

それに女性特有の体の仕組みによってホルモンバランスが変わることで起きるため、男性には出現しないことが特徴になります。

 

この肝斑は、左右対称に現れ、もやっとした価値で境目がはっきりしないことが特徴です。

 

産後しばらくして、ホルモンバランスが元に戻れば、自然と消える人もいます。

 

でも、赤ちゃんの育児に忙しいと、体を休ませる暇が無くなり、それによりなかなか消えない人もいます。

 

子育てで忙しい中、自分の時間を作り出すのは簡単ではありません。

 

まずは、ホルモンバランスを元に戻すのが、肝斑の一番の対策です。

 

ホルモンバランスを元に戻す方法として、次の点を上げてみました。

 

産後,シミ,そばかす,解消法

◆赤ちゃんが寝る時には、一緒に寝てしまいましょう。

自然体で、疲れを溜めないことが大切です。

 

◆紫外線が原因のシミをこれ以上増やさないように、気になるのが肝斑であっても、美白化粧品は継続的に使う。
新しく美白化粧品を購入する際には、妊娠・出産で肌の質が変化していることがあるので、いきなり使うのではなく、試供品で試してみてからにしましょう。

 

◆日焼け止めは毎日きちんと塗り、紫外線でシミが濃くなるのを防止しましょう。
メイクをしない日も、日焼け止めだけでもしっかり塗りましょう。

 

◆産後にさっさと痩せようと、無理なダイエットはホルモンに影響します。
大豆製品に多いイソフラボンは女性ホルモンと同様な作用があります。
また、美白効果もありますから、毎日適度な量を食べましょう。
豆腐半分、納豆1パックくらいが適量です。

 

生活や、しっかりとしたスキンケアをしていくことで、ホルモンバランスを元に戻しながら、美白を並行してひどくならないように予防していけば、肝斑には効果的ですよ。

 

 

産後のシミを消すにはしっかりとした美白化粧品を選ぶ

産後にできるシミは、ほとんどの場合肝斑という種類のシミです。

 

産後にできるシミの原因は、ホルモンバランスの崩れによってできると言われています。

 

そのため、いくつかあるシミの中でも、違った種類のシミと言えるでしょう。

 

CMなどで知られるようになった肝斑は、飲み薬で治すことができます。

 

肝斑の特徴は、頬の上の辺りで左右対称にできると言われています。

 

このような特徴があるなら、おそらく肝斑に間違いないため、飲み薬で治すのが良いと思います。

 

でも、飲み薬だけでは難しいという時には、外からハイドロキノンやレチンなどが入った美白化粧品を併用するとさらに効果があると思います。

 

ビーグレンという化粧品は、ハイドロキノンを配合しています。

 

肝斑だけでなく、シミ、ソバカス、くすみの解消にも効果があります。

 

シミ全般に効くので、ビーグレンでケアするほうが飲み薬よりいいと人気があります。

 

飲み薬とビーグレンによる美白を併用する人が一番多いようです。

 

その他にも産後のシミには特徴があります。

 

産後,シミ,そばかす,解消法

薬局で売っているような美白化粧品を使うなら、メラノCCやハイチオールCなどは、かなり効果が落ちます。

 

なので、必ず成分をチェックするようにして、ハイドロキノンが入っているかどうかは必ず確認してみてください。

 

薬剤師さんに聞けばすぐわかりますよ。

 

産後のシミには、濃いシミになってしまうものもあります。

 

まずは、早目にケアすることですね。

 

妊娠中にできることもありますから、妊娠から産後まで、妊婦さんなりのやるべきことにシミのケアを覚えといてください。

健康関連リンク